眼鏡外来で、黄斑変性に有用なルティーナレンズについて

当医院ではメガネのご相談の際に、ルティーナレンズをおすすめしています。

加齢黄斑変性は、ものを見るのに重要な部分「黄斑部」に存在する色素「ルテイン」が紫外線などにより損傷することによって、引き起こされると言われています。

ルテインは、ほうれん草やブロッコリーなど緑色の野菜に多く含まれていますが、食事による摂取以外では、体内で産生することができません。

そこで、眼の健康のためには、紫外線からルテインを保護することが重要視されています。

ルティーナレンズは、光(HEV)をカットすることで酸化ストレスを軽減し、ルテインを保護します。

<一般的なレンズの場合>
光(HEV)による酸化ストレスと、ルテインの劣化

<ルティーナレンズの場合>
光(HEV)のカットによる酸化ストレスの軽減と
ルテインの保護

もっと詳しく知りたい方はメーカーサイトをご参考ください。

ルティーナレンズと一般のレンズの比較動画

毎週水曜日(午前・午後)と、第2、第4土曜日(午前)に眼鏡外来を行っています。眼鏡士の山田先生にお気軽にご相談ください。